ariadnet > 司法書士試験の教材・テキストと勉強法 > 【アガルート】司法書士試験講座

【アガルート】司法書士試験講座-ariadnet

【アガルート】司法書士試験講座-2022年08月18日

アガルートの司法書士試験講座一覧

アガルートでは、司法書士試験の講座として下記のラインナップがあります。
※講座の情報は変更しますので、当サイトの情報も更新するものの、アガルートのウェブサイトにて最新情報をご確認ください。

2023年 合格目標 入門総合講義/入門総合カリキュラム

初めて司法書士試験の学習をスタートする方が、最短で合格するための講座/カリキュラムです。

2023年合格目標 演習総合講義/演習総合カリキュラム

司法書士試験の学習経験がある方が、一気に合格レベルまで学力を引き上げるための講座/カリキュラムです。

アガルートの司法書士試験講座の特徴は?

講義動画はオンラインで効率よく視聴

アガルートアカデミーの講義はオンラインで、パソコン、タブレット、スマートフォンにより、マイページから講義を受講することができます。
画面にはテキストが表示され、テキストを持ち歩く必要もありません。

8段階の倍速機能
マイページ内の講義映像は,速度の調整をすることができます。
8段階(× 0.5 / 0.75 / 1.0 / 1.25 / 1.5 / 2.0 / 2.5 / 3.0)から再生速度を選部ことが可能です。

しおり機能
しおり機能を使えば、自分の弱点や覚えたいところだけをかいつまんで見ることができます。
科目をお気に入り登録すれば、マイページからお気に入り登録した科目を確認することができます。

音声ダウンロード
講義映像の音声をダウンロードすることができます。
ダウンロードした講義に、視聴期限はありません。
スマートフォン、タブレット等のデバイスで、インターネットに接続しなくても講義を聞くことができます。

充実のフォロー制度

質問制度は、疑問点を解消し、学習についての助言を受けるなど、独学では得られない利点です。
質問はいつでも、何回でも。講師に質問をすることができます。

毎月1回のホームルームは、毎月のアンケート(勉強方法と学習内容)をベースに、浅野講師・三枝講師・竹田講師が届ける毎月の動画コンテンツです。
※ホームルームは2023年7月から配信開始いたします。

定期カウンセリングは、「入門総合カリキュラム<フル・ライト>」のオプションです。
(2023年2月から2024年6月まで)
アガルートアカデミー講師が直接毎月1回、30分程度カウンセリングを実施し、学習の進捗状況等をヒアリングしながら学習上の疑問点等に答えます。

司法書士試験|2024年合格目標 入門総合講義/入門総合カリキュラム(フル・ライト)

初めて司法書士試験の学習をスタートする方が最短で合格するためのカリキュラムです

司法書士試験合格の鍵は,膨大な情報量をいかに効率よく処理し,記憶に定着させることができるかにあります。本カリキュラムでは,初めて司法書士試験の学習を始める方が,最短ルートで合格するための講座を揃えました。

学習経験者向けの【2023年合格目標】演習総合講義/演習総合カリキュラムもご用意しております。

入門総合講義の科目別時間数 内訳

民法約72時間 不動産登記法約73時間 会社法約34時間 商業登記法約42時間
憲法約8時間 刑法約13時間 供託法約8時間 司法書士法約5時間
民事訴訟法約20時間 民事執行法 約8時間 民事保全法約4時間

2022082011.jpg

フルカリキュラムとライトカリキュラムの違い

直前期アウトプット講座(「記述・択一パーフェクト12」「模擬試験」)の有無が、フルとライトのカリキュラムの違いです。

担当講師

浅野 勇貴講師
担当入門総合講義・記述問題はじめの一歩・記述過去問解説講座・ホームルーム

海老澤 毅講師
担当記述解法マスター講座・記述・択一パーフェクト12・実力確認答練・模擬試験

竹田 篤史講師
担当定期カウンセリング・ホームルーム

三枝 りょう講師
担当ホームルーム

講座の特徴

肢別過去問集やひな形集も使いながら、最終到達点を意識しつつ勉強を進めます。

2022082013.jpg

まずは記述問題の特徴を把握し、方法論や取り組み方を学びます。
次に、短い事例を用いた簡単な記述問題を題材に、完成形ができるまでの過程をデモンストレーションします。
これで記述問題のゴールイメージをつかみます。

次は細かい論点対策です。
論点ごとに分割された問題を題材に、質が高く短い文章を書くことができる能力を身に着けるためのトレーニングを行います。

各論点の解法をマスターしたら、次は本試験レベルの問題が解けるようにトレーニングします。
過去問10年分を題材に講師自ら解きながら実況中継するライブ感のある講座です。

2022082014.jpg

直前期になったら、全12回(各回記述1問、択一10問)で記述を完成させ、択一は差をつけるための知識を身に付けます。
本試験レベルの問題を題材とし、週1回×3か月の問題演習を通じて実践力を養います。

司法書士試験|2023年合格目標 演習総合講義/演習総合カリキュラム

演習総合講義/演習総合カリキュラムは、司法書士試験の学習経験のある人が合格レベルまで学力を引き上げるためのカリキュラムです。

演習総合講義の科目別時間数 内訳

民法約50時間 不動産登記法約21時間 会社法約27時間 商業登記法約31時間
憲法約10時間 刑法約11時間 供託法約7時間 司法書士法約3時間
民事訴訟法約15時間 民事執行法 約4時間 民事保全法約2時間

2022082012.jpg

担当講師

三枝 りょう講師
担当演習総合講義・ホームルーム

海老澤 毅講師
担当記述・択一パーフェクト12・実力確認答練・模擬試験


関連ページ:

司法書士試験の教材・テキストと勉強法

ariadnet

Copyright ariadnet All Rights Reserved