ariadnet > MovableTypeとWordPress、SEO効果を比較 > MovableTypeとWordPress、CMSのSEO効果を比較

MovableTypeとWordPress、CMSのSEO効果を比較-ariadnet

MovableTypeとWordPress、CMSのSEO効果を比較

2021年現在、ブログあるいはCMS(コンテンツマネジメントシステム)をサーバーに設置するツールとしては、WordPressのシェアが圧倒的になりました。
2005年前後には、MovableTypeとWordPressとが代表格だったわけですが、CMSの変遷については隔世の感があります。

ところで最近、ネットや書籍を見ると、WordPressの利点として、下記のようなことがいわれています。

・無料である
・インストール・サイト構築が簡単
・ユーザー数が多く、情報が豊富
・テンプレートがたくさんあり、デザイン変更が容易
・デザインのカスタマイズができる
・プラグインが数多くあり、機能をカスタマイズできる
・テンプレートやプラグインにより、SEO効果がある
・投稿や編集が簡単

無料であることやユーザー数が多いことはその通りとしても、有利だといわれていることの多くは、数あるCMS(コンテンツマネジメントシステム)のメリットであり、WordPressならではの利点ではないことがわかります。
また、SEO効果にいたっては、やや疑問に思うところもあります。
かつては、WordPressはSEOには不利といわれ、デメリットとしてあげられていたものでした。

MovableTypeとWordPressとの大きな違い

WordPressのメリットと最近言われている点は、CMSのメリットであって、
・テンプレートがたくさんあり、デザイン変更が容易
・投稿や編集が簡単
などはどのCMSでも基本的に同じです。

バージョンアップを重ねるにつれ、WordPressもMovableTypeも、さまざまな機能を増やすとともに、テンプレートやテーマを変更することで、テンプレートのhtmlやタグ、プログラムの記述を直接書き換えなくても、デザイン変更ができるようになりました。

もっともその分、個人ブロガーにとっては、MovableTypeの機能は過剰ともいえるほどに複雑化しています。
個人ライセンスでアフィリエイトはできるものの、商用利用にはそこそこの費用がかかります。
このため、かつての旧バージョン(MovableType3)の頃にあったような個人ユーザーの熱気にも似た人気は離散してしまいました。

一方、WordPressはといえば、MovableType独自のタグに比べても、テンプレート内のphpの記述はとっつきにくいことがあります。
しかも、WordPress独自のルール、たとえばファイル名の優先順位の規則などが多く、htmlで自由に記述できるMovableTypeに比べて、ブラックボックス化しているように思えます。

・デザインのカスタマイズができる
といっても、WordPressとMovableTypeとの間には、考え方の差が大きいように思います。

静的htmlサイト構築の代表格だったMovableType

WordPressとMovableTypeとの違いは、なんといっても、MovableTypeは新規投稿や編集をした際に、サイトの再構築を行い、あらかじめ閲覧者がアクセスするhtmlファイルを生成しておくことです。
MovableTypeで制作されたサイトは、ホームページ制作ソフトなどで制作しFTPでアップロードしたサイトと同じ、は静的htmlサイトなのです。

これに対し、WordPressでは、閲覧者がアクセスし、ファイルを要求してからデータベースとテンプレートを参照し、htmlファイルを生成して閲覧者のブラウザに返すというプロセスをたどります。
あらかじめhtmlファイルを生成してあるのと、どちらが高速であるかは自明のことでしょう。

Core Web Vitals(コアウェブバイタルズ)で、静的htmlはSEOに有利か

通信環境の改善や、サーバーでの処理速度の改善施策などにより、WordPressの動的ファイル生成が、SEOにそれほど悪影響をもたらすとも思えません。
ただ、最近のgoogleなど検索エンジンの検索結果には、シンプルなhtmlサイトが入っているなと感じることも多くあります。
CMSの種類とは別に、最近やたらと目につく、意味のない大きなアイキャッチ画像などの多用の影響もあるかもしれません。

・プラグインが数多くあり、機能をカスタマイズできる
という点も、あらかじめhtmlファイルを生成するMovableTypeと比較して、WordPressで制作されたサイトの処理速度が遅い原因になることもあります。

メインサイトではMovableTypeを推奨

当サイトでは、メインサイト、準メインサイトでは、MovableTypeほか静的htmlを推奨します。
WordPressでは、特に動作が早くなるための対応を推奨し、たとえばサーバー選択、プラグインやJavaScript、カルーセルや動画埋め込み等を極力減らすことが望ましいと考えています。

WordPress MovableType 備考
価格 無料 有料(アフィリエイトは無料)
無償ライセンス 制限なし サーバー1台
サポート 無し(コミュニティあり) 有り(有償)
セキュリティ対応 無し 有り(現行バージョンのみ・有償) WordPress対象の不正攻撃多い
デフォルトのカテゴリー構造 SEOのためカスタマイズするべき SEOのためカスタマイズするべき
デフォルト・テンプレートのSEO対応 SEOのためカスタマイズするべき SEOのためカスタマイズするべき メタタグ自動生成
HTML5セマンティック・ウェブ対応タグ
静的html × メインサイト、準メインサイトでは
静的htmlが望ましい
プラグイン いくつも使うほど動作が遅くなる テンプレートでほぼ対応でき、静的htmlで出力(※) ※特殊なプラグインは除く
利用者数・シェア 日本では80%超 大企業、上場企業ではNo.1 ユーザー数が多いと情報も多いものの、検索結果の多様性、実際の検索結果からはどうなのか?

MovableTypeのバージョンと特徴

MovableTypeは現在でも、CGIプログラムですが、データベースはMySQLを使います。
MovableType3.3の頃もMySQLを使えましたが、より簡易なデータベースとしてはBarcrayDBを使い、MySQLやPHPは必要なく運用できました。
これは実は便利で、DBフォルダをFTPでダウンロードするだけで、バックアップができたり、サーバーの移転ができたりしました。
データベースとしては軽量級ですが、1000ページ超のサイトでも運用できます。

MovableTypeのテンプレートは、
<!DOCTYPE html>
ではじまり
</html>
で終わるものなので、普通のhtmlタグの編集感覚でテンプレートを作成できます。
筆者は、「.htaccess」や「robots.txt」、bootstrapのcssなども、MovableTypeのテンプレートで編集・管理しています。

特に、MovableType3.3の頃は、現在のWordPressやMovableTypeと比較すると、サクサクと軽く動作するものでした。

現在では、MovableType3はもちろん、バージョン4、5とそのオープンソース版は、配布されていません。
またサポートも切れ、脆弱性の問題から使用することは推奨されていません。

ただし、MovableType3.3は使い方次第では、現在のWordPressやMovableTypeとほとんど同じ機能を実現でき、現在のMovableTypeともやや異質です。
CGIプログラムによる静的html生成のCMSとしては、ほぼ完成形だったのではないでしょうか?
脆弱性の主要な原因であった検索やコメント、トラックバック、プラグイン等の機能を制限して、別個のプログラムとして復活できないものかと思います。
実はMovableTypeはmt.cgiだけでも主要機能は動作します。
インストールするフォルダ名、mt.cgiのファイル名を変更し、ベーシック認証をかけ、他のCGIの実行権限は無くすか削除すれば、利用者の多いWordPressよりもかえって安全なくらいだと思います。
(※使用を推奨していません)

MovableType以外のCMS

現在、MySQLやPHPは必要なく運用でき、静的htmlを生成できるCMSとしては、たとえば下記のものがあります。

すぐ使えるCMS

その他のツールについては順次掲載(または別記事にて)します。

2021年現在、使えるMovableTypeのバージョン

現行のMovableTypeのバージョンは7ですが、6もサポートも含め使えます。

MovableTypeを使うには

MovableTypeを使うには、サーバーにインストールして独自に設置する方法と、クラウドベースのサービスで使用する方法とがあります。

サーバーに設置する場合には、自分でダウンロードしたMovableType6や7をインストールするほか、レンタルサーバー会社があらかじめ利用権を得て、ユーザーに提供しているものがあります。
ただ、レンタルサーバー会社により、最新のMovableType7や、そのひとつ前の6、さらに5に該当するオープンソース版(MTOS)の場合もあります。
また、レンタルサーバー会社によっては、インストールボタンで瞬時にインストールできる、かんたんインストール機能を備えたところもあります。

余談ですが、MovableType3.3用に制作した独自のテンプレートは、オープンソース版(MTOS)でもそのまま使用できました(プラグイン等によっては変更が必要な箇所がある場合があります)。
オープンソース版(MTOS)についても、サポートや開発は終了していますので、セキュリティ等には万全を期す必要があります。

MovableTypeが簡単に使えるサービス

最新のセキュリティ対策はほしいが、面倒な作業はしたくないのであれば、シックスアパート社のオンラインサービスがおすすめです。

Lekumoブログ
https://www.lekumo.blog/

Lekumoビジネスブログ
https://www.lekumo.jp/

Movable Type 6 / Movable Type 7 / Movable Type Premium クラウド版
https://www.sixapart.jp/movabletype/cloud/

MovableTypeが簡単に使えるサーバー

http://ariadne.ne.jp/movabletype/83.html


関連ページ:

MovableTypeとWordPress、SEO効果を比較

ariadnet

Copyright ariadnet All Rights Reserved