ariadnet > MovableTypeとWordPress、SEO効果を比較 > SEOには、HTML5のセマンティック・ウェブ対応タグを使うべき理由

SEOには、HTML5のセマンティック・ウェブ対応タグを使うべき理由-ariadnet

SEOには、HTML5のセマンティック・ウェブ対応タグを使うべき理由-2021年04月29日

セマンティック・ウェブ(英: semantic web)とは、Wikipediaによれば、
「W3C のティム・バーナーズ=リーによって提唱された、ウェブページの意味を扱うことを可能とする標準やツール群の開発によってワールド・ワイド・ウェブの利便性を向上させるプロジェクト。セマンティック・ウェブの目的はウェブページの閲覧という行為に、データの交換の側面に加えて意味の疎通を付け加えることにある。 」
とされています。

また、
「HTMLでは文書構造を伝えることは可能だが、個々の単語の意味をはじめとする詳細な意味を伝えることはできない。これに対し、セマンティック・ウェブは(中略)タグを付け加える。この、データの意味を記述したタグが文書の含む意味を形式化し、コンピュータによる自動的な情報の収集や分析へのアプローチが可能となると期待されている。」
とされています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96

WordPressもMovableTypeも、ほとんどのテンプレートが非対応

WordPressもMovableTypeも、ほとんどのテンプレートがセマンティック・ウェブ対応のHTML5タグに対応していません。

デフォルトのテンプレートはもちろん、「SEO対応」、「レスポンシブ対応」をうたった、有料・無料のほとんどのテンプレートが対応していません。

Google検索品質評価ガイドライン

Googleの検索品質評価ガイドラインでは、Google検索エンジンの品質を評価するために、品質評価者が検索結果を評価する方法を説明しています。
この評価がGoogleの検索品質の改良に役立てられるため、SEOに関する重要な資料です。

General Guidelines (Google Search Quality Rating Guidelines) 
https://guidelines.raterhub.com/searchqualityevaluatorguidelines.pdf

検索品質評価ガイドラインでは、下記のように記載されています。

● Main Content (MC) is any part of the page that directly helps the page achieve its purpose. MC is (or should be!) the reason the page exists. The quality of the MC plays a very large role in the Page Quality rating of a webpage.
● Supplementary Content (SC) is also important. SC can help a page better achieve its purpose or it can detract from the overall experience.
● Many pages have advertisements/monetization (Ads). Without advertising and monetization, some webpages could not exist because it costs money to maintain a website and create high quality content. The presence or absence of Ads is not by itself a reason for a High or Low quality rating.
On some pages, reviews may be considered MC, and on other pages they may be considered SC. Use your best judgment and think about the purpose of the page.
Do not worry too much about identifying every little part of the page. Think about which parts of the page are the MC.
Next, look for the Ads. Anything left over can be considered SC.

●メインコンテンツ(MC)は、ページがその目的を達成するのに直接役立つページの任意の部分です。 メインコンテンツ(MC)こそが、ページが存在する理由です(またはそうあるべきです!)。
MCの品質は、Webページのページ品質評価において非常に大きな役割を果たします。
●補足コンテンツ(SC)も重要です。
補足コンテンツ(SC)は、ページがその目的をよりよく達成するのに役立つか、あるいはページ全体での経験を損なう可能性があります。
●多くのページに広告/現金化手段(Ads)があります。ウェブサイトを維持し、高品質のコンテンツを作成するにはお金がかかるため、広告と現金化手段なしに、いくつかのウェブページは存在できません。広告があるか、ないか自体が、高品質または低品質の評価の理由ではありません。
一部のページでは、レビューはMCと見なされる場合があり、他のページでは、SCと見なされる場合があります。
最善をの判断を尽くし、ページの目的について考えてください。
ページのすべての小さな部分を識別することについてあまり心配しないでください。ページのどの部分がMCであるかを考えてください。
次に、広告を探します。残ったものはすべて補足コンテンツ(SC)と見なすことができます。

googleのパッセージ・インデクシング

Googleの Passage Indexingは、ページ全体ではなく、ページの中の一部分のテキストコンテンツから、ランキング評価を得るための改良です。
2021年2月には、米国 Google (google.com) の英語の検索で導入されています。

Passage IndexingをGoogleが導入。ページ内の特定の部分だけをランキングの対象に。検索結果の 7 %に影響。  海外SEO情報ブログ

ページの中の一部分を、どのように見分けて評価するのか明らかではないものの、ページの構造とその意味付けを示すHTML5タグがあれば、googleがそのページを正しく評価する一助になることは間違いありません。

従来多用されてきたDivタグは、ページ内の文書構造を示すことはできても、その意味付けまでは示していません。

これに対し、HTML5で導入された、header、article、section、aside、footer、navなどでは、その意味付けまでを示すことができます。
これらのタグを使用していなくても、googleは文脈を読み取って理解できるかもしれません。

しかし、WordPress、MovableTypeいずれの場合でも、header、article、section、aside、footer、navなどのHTML5タグを適切に使用することが、SEOにとってプラスにならないはずがありません。

HTML5タグそれぞれの意味


関連ページ:

MovableTypeとWordPress、SEO効果を比較

ariadnet

Copyright ariadnet All Rights Reserved