ariadnet > MovableTypeとWordPress、SEO効果を比較 > MovableTypeを使うためにサーバーを選ぶ方法はこの3通り

MovableTypeを使うためにサーバーを選ぶ方法はこの3通り-ariadnet

MovableTypeを使うためにサーバーを選ぶ方法はこの3通り-2021年03月21日

MovableTypeを使うには、シックス・アパート社のクラウドベースのサービスで使用する方法と、サーバーにインストールして独自に設置する方法とがあります。

シックス・アパート社のクラウドサービス

シックス・アパート社のクラウドベースのサービスであれば、利用するには知識もいらず、バージョンアップやセキュリティの面からも安心です。
MovableTypeとWordPress、CMSのSEO効果を比較に、注意点を記載しています。

MovableType公式(シックス・アパート社)サポートのあるiCLUSTA+

レンタルサーバーであれば、おすすめは、iCLUSTA+ の一択です。
なぜなら、MovableType公式(シックス・アパート社)サポートのあるレンタルサーバーだからです。

その他のレンタルサーバー

それ以外のレンタルサーバーであれば、ほとんどのサーバーでMovableTypeは設置することが可能です。
簡単インストール機能を備えたレンタルサーバーもいくつもあります。
ただしオープンソースなどの旧バージョンでこうした機能を提供しているものも多く、熟練者以外にはおすすめできません。

レンタルサーバーに設置して運営する場合には、最新バージョンを使用し、バージョンアップとセキュリティに期を突ける必要があります。
現行のMovableTypeのバージョンは7ですが、6もサポートも含め使えます。

1 MovableTypeが簡単に使えるクラウドサービス

最新のセキュリティ対策はほしいが、面倒な作業はしたくないのであれば、シックスアパート社のオンラインサービスがおすすめです。

特に、Lekumoビジネスブログまたはmovabletype.netであれば、独自ドメイン、複数ブログだけではなく、デザインのカスタマイズほか、高機能です。

Lekumoブログ
https://www.lekumo.blog/

Lekumoビジネスブログ
https://www.lekumo.jp/

movabletype.net
https://movabletype.net/

Movable Type 6 / Movable Type 7 / Movable Type Premium クラウド版
https://www.sixapart.jp/movabletype/cloud/

2 MovableType公式(シックス・アパート社)サポートのあるレンタルサーバーは、iCLUSTA+ 一択

iCLUSTA+では、商用可能な「Movable Type ライセンス」が、無料でついているだけでなく、シックス・アパート社のサポートがある唯一のレンタルサーバーです。
安全なWebサイト運用を実現するのに最適です。
おすすめレンタルサーバー 『GMOクラウドのiCLUSTA+』の詳しくはこちら

なお、「法人向けレンタルサーバー」と宣伝していますが、利用は法人ではなく個人でも可能です。
ビジネスを展開するWebサイトに求められる「安定性」と「信頼性」の両方を備え、個人・個人事業者はもちろん、企業からの成約数が突出しています。

iCLUSTA+の契約期間中、Movable Type 7を無料で利用することができます。
※「レギュラー」「プロ」プランでは、商用利用できるライセンス(1個)が無料。
※「ミニ」プラン、およびマルチドメインでは、有料オプション。

自動インストーラー機能のほか、Movable Typeのインストール代行、移転代行サービスもあります。
WordPressからの移行も可能です。

開発・販売元であるシックス・アパート社によるMovable Typeのテクニカルサポートを利用可能です。Movable Typeの管理画面の操作/設定、エラー、動作不良や製品の仕様などのサポートや、マイナー/メジャーバージョンアップを含む最新版の提供も含まれます。

レギュラープラン:
ディスク(SSD)容量:最大500GB
メールアドレス数:無制限
独自ドメイン :91個
独自SSL:無料
データベース対応
WordPress:対応
Movable Type:1商用ライセンス付き

3 その他のレンタルサーバー

サーバーに設置する場合には、自分でダウンロードしたMovableType6や7をインストールするほか、レンタルサーバー会社があらかじめ利用権を得て、ユーザーに提供しているものがあります。

ただ、レンタルサーバー会社により、最新のMovableType7や、そのひとつ前の6、さらに5に該当するオープンソース版(MTOS)の場合もあります。
オープンソース版(MTOS)についても、サポートや開発は終了していますので、セキュリティ等には万全を期す必要があります。

また、レンタルサーバー会社によっては、インストールボタンで瞬時にインストールできる、かんたんインストール機能を備えたところもあります。

Wadax(GMO)

WADAXレンタルサーバー

エコノミープラン
初期設定費 3300円
月額料金   ブロンズ1210円~、シルバー1980円~
ディスク    24GB
マルチドメイン ブロンズ1、シルバー10
MovableType バージョン7(ライセンス込の有償オプション 月額1100円)
設置方法 設置代行
人気のMovable Type 7ライセンスを
格安で利用が可能!
WADAXサーバーなら、通常99,000円(税込み)で提供されている「Movable Type 7」のライセンスを、月額1,100円(税込)にて提供。

Just-Size(セブンアーチザン)

Just-Size.Networks

エコノミープラン
初期設定費 1048円
月額料金   314円~
ディスク    24GB
マルチドメイン 10ドメインまで無料
MovableType バージョン7
設置方法 FTP


初心者から中級者までにおすすめできるのは、ここまで

ValueServer(GMO)

バリューサーバー

初期設定費 エコ1100円、スタンダード2200円、ビジネス3300円
月額料金   エコ183円、スタンダード367円、ビジネス1833円
ディスク    エコ150GB、スタンダード300GB、ビジネス1500GB円
マルチドメイン エコ25、スタンダード無制限、ビジネス無制限
MovableType オープンソース5.3
設置方法 簡単インストール

MUGEN

MUGEN

初期設定費 SSDプラン1050円
月額料金   SSDプラン480円
ディスク    無制限
マルチドメイン 無制限
MovableType 不明
設置方法 簡単インストール

4stars server(ハイパーボックス)

https://www.4stars.jp/MTOS.php

エクストリームレンタルサーバー

https://www.extrem.jp/MTOS.php


関連ページ:

MovableTypeとWordPress、SEO効果を比較

ariadnet

Copyright ariadnet All Rights Reserved