ariadnet > 歴史 > 歴史

歴史-ariadnet

歴史-2019年11月11日

日本史

東京大学史料編纂所
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
古代から明治維新期にいたる前近代の日本史史料を研究する研究所。国内外の史料の調査・収集・分析。日本史の基幹史料集として編纂・公開。

国立公文書館
http://www.hss.shizuoka.ac.jp/shakai/history/sub6.html
歴史的に重要な公文書の収集・保存、公文書のデジタル化、インターネットで利用できるデジタルアーカイブの公開。

日本史研究会
http://www.nihonshiken.jp/

歴史学研究会
http://rekiken.jp/
歴史学研究会は、職業・所属・年齢・専門を問わず、会の綱領・会則に賛同する人が自由に 入会し参加できる、誰にでも開かれた全国的な学術団体。

東京国立博物館
http://www.tnm.jp/
歴史民俗資料の発掘展示。

国立歴史民俗博物館
https://www.rekihaku.ac.jp/
歴史研究、海外との共同研究シンポジウム等。

京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
https://rmda.kulib.kyoto-u.ac.jp/
京都大学が所蔵する古文書・古記録・絵巻物・古地図などのアーカイブ。

アジア歴史資料センター 国立公文書館
https://www.jacar.go.jp/

民俗学 民俗学(みんぞくがく、英語: folklore studies / folkloristics)は、学問領域のひとつ。高度な文明を有する諸国家において、自国民の日常生活文化の歴史を、民間伝承をおもな資料として再構成しようとする学問で、民族学や文化人類学の近接領域である。

民俗学は、風俗や習慣、伝説、民話、歌謡、生活用具、家屋など古くから民間で伝承されてきた有形、無形の民俗資料をもとに、人間の営みの中で伝承されてきた現象の歴史的変遷を明らかにし、それを通じて現在の生活文化を相対的に説明しようとする学問である。

この学問は、近代化によって多くの民俗資料が失われようとするとき、消えゆく伝統文化へのロマン主義的な憧憬やナショナリズムの高まりとともに誕生した若い学問であり、日本もその例外ではない。日本の民俗学は、ヨーロッパ特にイギリスのケンブリッジ学派の強い影響をうけて、柳田國男や折口信夫らによって近代科学として完成された。通常はfolkloreの訳語とされるが、folkloreは民間伝承(民俗)それ自体をも指すため、英語圏では民俗学をFolklore-StudiesやFolkloristicsと呼ぶことも少なくない。

人間の生活には、誕生から、育児、結婚、死に至るまでさまざまな儀式が伴っている。こうした通過儀礼とは別に、普段の衣食住や祭礼などの中にもさまざまな習俗、習慣、しきたりがある。これらの風習の中にはその由来が忘れられたまま、あるいは時代とともに変化して元の原型がわからないままに行なわれているものもある。民俗学はまた、こうした習俗の綿密な検証などを通して伝統的な思考様式を解明する学問でもある。
wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%91%E4%BF%97%E5%AD%A6


関連ページ:

歴史

ariadnet

Copyright ariadnet All Rights Reserved